F.G.Lab [未来ガジェット研究所 figma支部]

「STEINS;GATE」関連の1/12ガレージキット・その他よろず模型製作の日々。
F.G.Lab [未来ガジェット研究所 figma支部] TOP  >  Steins;Gate >  自己相似のアンドロギュノス

自己相似のアンドロギュノス

figmaは大抵の場合、オプションとして異なる表情のパーツが付属しているのですが、大体2~3種類まで。
「あの表情があったらいいのになあ」ということがままあります。
はしっことはいえ模型クラスタに属する人間としては

ないものは作るしかない

ということで、牧瀬紅莉栖嬢の表情を増産してみましょう。

1.何はなくとも顔がいる
 表情を増やすためには取り急ぎ顔面自体が必要になります。
 例によってシリコーンゴムで商品のパーツから型を取り、レジンキャストで複製を用意します。
 今回はお肌を塗装しないですむように(その方が楽なので)、レジンキャスト自体を着色して
 複製を行いました。

496291647.jpg
 写真は色調整に失敗した複製の山です
 失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した私は失敗。
失敗品もデカール貼りの練習用に使うので捨てません。

2.表情を用意しよう
 顔面が用意できたら表情を描き込むだけです。
 筆遣いが達者な方なら全て手作業で美麗なペイントが行えると思うのですが、いかんせん
 自分は思うように手が動きません。

 手作業が無理ならデカール作ればいいじゃない

 ということで今回は自作デカールにて表情を用意することにしました。

 アルプス社のマイクロドライプリンタを持っていれば自作デカール作成は
 比較的容易なのですが、高価な上販売が終了してしまっています
 (しかも「比較的」であって実は簡単でないようです)。
 普及しているインクジェットプリンタでは
 ・白インクが存在しない
 ・多くのインクは水溶性なので印刷してもデカールを貼る段階で水に溶けたり滲んだりする
 という問題がありますが、これを解決するために以下の手順を踏みます。
 a.インクジェット用の転写シールを用意する
  白地と透明がありますが、これは印刷面ではなく貼付用シートの下地色になります。
  今回の手順では貼付用シートは使わないのでどちらを買ってもかまいません。
 b.転写シールの印刷用紙に表情を印刷し、よく乾燥させる
  このとき、左右反転で印刷してください。
 c.印刷面に白目を描き込み(今回は水性塗料ファレホを使用)、再びよく乾燥させる
 d.模型用クリアデカールを用意する
 e.クリアデカールに水性模型塗料のクリアを塗布する
 f.クリアが乾燥しないうちにb.の転写シールを貼り付ける
  このとき、空気が入ると元も子もないのでよく押し付けて乾燥させる
 g.転写シールの裏紙に水を染み込ませて取り除く
  クリアデカールを濡らさないよう、水を含ませたちり紙などで慎重に。
 →デカール完成!
 この手順は多くの先達が犠牲を払って切り開いてくれた道です。感謝してもしきれません。
628584359.jpg
  


3.人形は顔が命
 完成したデカールは、余白をギリギリまで切り落とすと印刷まで水分が染み込んで
 滲んでしまうことがあるので、あまり余白切りに神経質にならない方がよいです。
 また、デカールとして使用する際にはあまり水につけておくとやはり滲みの原因になるので
 水につけたら手早く取り出し、染み込んだ水分で糊が溶けるのを待ちましょう。

 台紙からすべらせるように顔面にデカールを移動させ、位置を決めたら綿棒やちり紙で
 水分を取り除き、固定。
 このとき熱湯を含ませた綿棒やちり紙を押し付けることでデカールが複雑な曲面に
 馴染みます。(やけどにはご注意)

 目や眉毛の位置で表情の印象がガラッと変わるので、気に入った表情になるまで
 何度でも試すと良いと思います。
629812429.jpg
失敗例:ほんの少し目の位置が下になったらえらい幼い顔になってしまいました(´・ω・`)


4.完成!
R0010262.jpg
 本体に取り付けて悦に入りましょう。至福のとき(笑)


今回サンプルとした牧瀬紅莉栖嬢、ゲームやアニメのイメージでは付属オプションのむすっとした「通常顔」、からかいの「ニヤニヤ顔」、「怒り顔」だけでなく照れ隠しに怒っている「デレ顔」や軽蔑の眼差し「さげすみ顔」・「笑顔」あたりが足りないと思うわけですよ(以下妄言が続くため省略
R0010273.jpgR0010270.jpgR0010269.jpg

 貼り付けたデカールの水分がよく乾燥したら、ツヤの均一化とデカール保護のために
 表面をコーティングしておくと良いでしょう。
 自分はMr.カラースプレーのスーパークリア(つや消し)を使っていますが扱い慣れたものを
 使いましょう。
 吹き付けすぎるとデカールが溶けたり滲んだりとろくな目にあいませんのでご注意を。
関連記事
[ 2012/08/22 19:30 ] Steins;Gate | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

GFFM(ゴムの人)

Author:GFFM(ゴムの人)
GUNDAM FIX FIGURATIONのレビューサイトとかやってます。
現在Steins;Gate病罹患中。1/12サイズフィギュア用の小物をガレージキット化してイベントに参加したり。
Twitterの方が情報早いです)

ダイバージェンス
Amazonリンク