F.G.Lab [未来ガジェット研究所 figma支部]

「STEINS;GATE」関連の1/12ガレージキット・その他よろず模型製作の日々。
F.G.Lab [未来ガジェット研究所 figma支部] TOP  >  ラジオ会館 >  1/1000 ラジオ会館を作る(その1)

1/1000 ラジオ会館を作る(その1)

「STEINS;GATE」世界で重要な位置を占める秋葉原の「ラジオ会館」。
建物老朽化のため2011年夏に惜しまれつつ閉館。
2012年現在では完全に取り壊され、2014年に新たなビルが完成する予定となっています。

アキバ駅前のランドマークとして、またシュタゲファンの聖地として
愛されたラジオ会館がどさくさにまぎれてプラモデルになってしまいました。
R0010390.jpg




1/1000という小スケール、価格(定価2,730円)の割に少ないパーツ数ということで
Amazonのカスタマーレビューには刺激的な文言が並んでおります。

でもまあ、正直こんなスキマアイテム、普通に考えれば一般販売されたことが奇跡。
ガレージキットだと考えると結構妥当な価格ではないかと。
そういう目で見ればパーツの精度も高いし入手もしやすいので一部マニア向けの
商品としてはアリなんじゃないかなー、などと自分を洗脳しております

というか、これ大きさといい佇まいといい、観光地のお土産っぽい。
金メッキして「萌え」とか彫った石を横に立てておきたい。
どうでしょうかダメでしょうか。…ダメですかそうですか。

ともあれ、買いました。

結構大きな箱。
ウィンドウグラフィックが目に染みます。
R00103911.jpg
figma助手との対比


全パーツ。一気にコンパクトになりました。
R00103921.jpg
figma助手との対比


先に述べたとおり、パーツ自体は結構イイカンジです。
R00103931.jpg


組立説明図はオールカラーですが、かなりシンプル。
ウインドウグラフィックや懸垂幕・ネオンサインなどはこの説明図から切り取って貼る必要があります。
R00103941.jpg

デカールは無理でもシールで欲しかった、というのが偽らざる本音。
R0010395.jpg


今回はここまでー。
塗料がきれてたので買ってこないと…

ちなみに、本家ラジオ会館の方による製作記事が大変参考になります。
「1/1000ラジ館プラモ」を作ってみた(資材購入編)
「1/1000ラジ館プラモ」を作ってみた2(塗装前組み立て編)
「1/1000ラジ館プラモ」を作ってみた3(塗装編~前半)
「1/1000ラジ館プラモ」を作ってみた4(塗装編~後半)
「1/1000ラジ館プラモ」を作ってみた5(組み立て・仕上げ編)【完結】

続きはこちら>
関連記事
[ 2012/08/28 22:16 ] ラジオ会館 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

GFFM(ゴムの人)

Author:GFFM(ゴムの人)
GUNDAM FIX FIGURATIONのレビューサイトとかやってます。
現在Steins;Gate病罹患中。1/12サイズフィギュア用の小物をガレージキット化してイベントに参加したり。
Twitterの方が情報早いです)

ダイバージェンス
Amazonリンク