F.G.Lab [未来ガジェット研究所 figma支部]

「STEINS;GATE」関連の1/12ガレージキット・その他よろず模型製作の日々。
F.G.Lab [未来ガジェット研究所 figma支部] TOP  >  小物製作 >  FabCafeに行ってきました(前編)

FabCafeに行ってきました(前編)

東京・渋谷にオープンしたもの作りカフェ・FabCafeにお邪魔してfigma周りの小物・そして来るべきAK-GARDENでの展示向けにいくつかアイテムを作ってきましたヽ(`Д´)ノ
FabCafe外観
「作戦名:破滅の剣(オペレーション・ダインスレイフ)」、開始!(`Д´)ノ

#ご注意:以下の記述はすべて「2012年10月時点」の情報です。
 FabCafe様のシステムもこの後だいぶ変更されています。最新情報はお店のサイトをご確認ください!


アクリル材は硬くて透明度も高く様々な用途で使用できますが、厚みがあるものは切断が大変。
また、利点である硬さが仇となって彫刻なども手作業では難しく、なかなか扱いにくい素材という印象でした。
しかし、高熱を発するレーザー光線を用いて加工を行うレーザーカッターであれば、PC上で作図したデータを元に正確無比な彫刻・切断が可能となるのです。
ただし、そんなレーザーカッターは当然のことながら大型工業機械であり、個人で入手・運用するような類のものではありません(最近は10万円台で購入できるものもあるそうですが)。こうした加工を行いたいと思ったら、アクリル加工を専業としている業者さんに発注して作業していただくことが唯一と言っていい手段でした。

が、2012年3月にこのレーザーカッターを時間貸ししてくれるというお店が渋谷にオープンしました。
それがFabCafeさんです。
カフェカウンター
展示棚

…ん?「カフェ」?
Fabカウンター

そう、日本初、「レーザーカッターが主役のカフェ」なんです。書いてても意味がわかりません(笑)

レーザーカッター
こちらが主役のレーザーカッター先生

お茶を飲みながらアイディアを練り、思いついたことを店内の各種工作用具にてその場でプロトタイピングする、という「もの作りを中心にしたコンセプト」のお店なのだとか。
(このため、店内では電源・無線LANなどが無償で使用可能となっています)

Fabカウンターにてレーザーカッターを予約したい旨伝え、データを渡して確認してもらいます。
このとき、どのような素材を加工するかも説明することになります。

今回はネット通販のアクリ屋ドットコムさんにて購入したガラスのような色が特徴のアクリル板、ガラスエッジ(厚さ3mm)を持ち込ませていただきました。

ドローデータ
データはCorel drawにて作成。アクリル板の大きさに合わせて450mm×300mmに歯車のような細かいオブジェクトを大量に詰め込んだ結果、このサイズで作業完了まで大体50分かかるとシミュレーションされました(実際そのくらいかかりました)。この図では赤い線が切断、緑の面が彫刻を表しています。

自分の順番が来るまで、飲み物でも頼んで待ちましょう(カフェだけに)。
番号札
飲み物注文の番号札も店のレーザーカッターで作ったものだそうです。イカス!
マシュマロラテ
今回は名物のマシュマロラテを注文して待ってみました。
このマシュマロも店で作った("Fabした"というらしい)ものだそうです。超イカス!!

待つことしばし。
レーザーカッターアップ
順番が来たら作業開始。

カット中
レーザーカッター先生は着々と作業を進めます。思ったより速い!
面を彫刻する処理>複雑な曲線を切る処理>単純な直線を切る処理の順に処理時間がかかるそうです。
面彫刻…歯車…(絶望的な顔になる)

コンソール
なお、作業開始前・作業中は店内のプロジェクターに持ち込んだデータがでかでかと映し出されます。
(レーザーカッターの作業コンソール(MacBook)の画面が表示されているため)
公序良俗に反するもの・見られたら辛いデータは持ち込まないほうが無難です←

データ作成の詳細・申し込み方法などはお店のサイトに詳しいのでそちらを参照いただくとして、実際にうかがったことでわかった注意点をつらつらと。

※以下は2012年秋の情報です。FabCafeの利用ルールは随時変更されているので、最新の利用方法についてはFabCafeのサイトをご確認ください。※


  • データを作るときは加工方法ごとにレイヤを分けよう
    「カットして欲しい線」「彫刻したい線」など、レイヤごとにレーザーカッターは作業します。
    たとえば「深く彫刻したい線」「浅く彫刻したい線」などもレイヤ分けしておけば対応してもらえます。
    彫刻の深さについては店頭にサンプルがありますので、それを参考に検討しましょう。
    サンプル
    素材ごとのカットサンプルが常備されている

  • チケットが安い当日予約の場合、予約枠がかなり早いうちに埋まってしまうので、自分の思う時間に作業したければ開店と同時に店に入るつもりで
    土曜日の開店1時間後(12時)にうかがいましたが、既に16時まで予約で一杯でした(´Д`;)

  • 素材の持ち込みは可。アクリル板の場合、厚過ぎ・大き過ぎなどがなければ問題ない模様

  • 切り出した部材の持ち帰り手段を考えておこう(笑)
    持ち込むときは板1枚でも、帰るときは部品の山ができます。袋・タッパーなどを用意したほうがよいかと。

  • レーザーで切断されたアクリルは相当臭い
    焼き切るせいか、なんともいえないケミカルな臭いが結構長く残ります。帰りの電車などで周囲の迷惑にならないようにご注意。

  • アクリル表面には保護紙が貼ってありますが、この糊が熱でこびりつく場合があるようです。
    はがした後で洗浄・研磨が必要な場合も。

  • 原型師の東海村原八さん(模型の王国)に指摘されて思い出したのですが、
    レーザーカッター動作中の排気・排煙および発生した火を取り除くため、強力なファンが回っています。
    このため、店内には結構な高周波音(「ヒュィィーーーンン」という感じの風切り音)がしています。
    こうした環境が苦手な方はご注意。
    ※東海村原八さま、二宮茂幸さま、補足いただきありがとうございました!

  • 順番が来るまでも待ち。順番が来てもレーザーカッターが作業してくれてるから待ち。
    気長に構える必要があります。
    予約をしたら別の用事をしにいくとか、順番が来たらPC作業をするとか(電源と無線LANがあるので)読む本を持っていくとか、自衛策を考えていったほうが良いです。

  • 20121107追記:
  • 当日予約の場合、1回に予約できる時間は1時間(2枠)まで。
    1時間以上かかるような大きなデータ・素材を持ち込むと分割作業を求められる場合もあります。ご注意。



長くなってしまったので完成品披露は次のエントリにて。
関連記事
[ 2012/10/07 19:48 ] 小物製作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

GFFM(ゴムの人)

Author:GFFM(ゴムの人)
GUNDAM FIX FIGURATIONのレビューサイトとかやってます。
現在Steins;Gate病罹患中。1/12サイズフィギュア用の小物をガレージキット化してイベントに参加したり。
Twitterの方が情報早いです)

ダイバージェンス
Amazonリンク