F.G.Lab [未来ガジェット研究所 figma支部]

「STEINS;GATE」関連の1/12ガレージキット・その他よろず模型製作の日々。
F.G.Lab [未来ガジェット研究所 figma支部] TOP  >  スポンサー広告 >  雑談 >  表面保護のルネサンス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

表面保護のルネサンス

ルネサンスワックスを試してみたので、簡単な紹介を。
ルネサンスワックス箱
そもそもはかの大英博物館で収蔵品の表面保護に開発された樹脂だそうで、表面をコートすることでホコリや汚れの付着を防ぐというもの。
これをPVC製フィギュアに使ってみたら有効であったというお話を読みまして…

実験台に使ったのは毎度おなじみ「figma 牧瀬紅莉栖」。
ルネサンスワックス汚れ
軟質樹脂で作られた胴体にネクタイや髪の毛が擦れると色移りする他、汚れが付着しやすくて難儀していたもので。
とにかく実地で実験してみましょう。
まずは現状の汚れ・色移りを掃除します。私は乱暴にも消しゴムで消してしまいました。
塗装面にやると悲惨なことになることもありますが、今回は白地なので思い切ってごしごし。
ルネサンスワックス下準備
この後中性洗剤等で洗って汚れ・油脂を落としておくとなお良いようです(今回はサボってますが)
#PVC製品の洗浄には「ダヴ ボディウォッシュ」がよいらしいです(未検証)。

ルネサンスワックスマスク
余計なところにワックスがつかないようにマスキングして、柔らかい布にとったワックスをそっと薄く塗り広げます。薄く薄く…
ルネサンスワックス色落ち
それほど強くこすったわけでもないのに布に色が付着したのでちょっとビビりました。石油系樹脂だそうなので、多少は塗装を侵すようです。ただ、見た目では色落ちしたようには見えませんでした。
ネクタイ部分の表裏に塗りつけたらしばし乾燥待ち。といっても5分もすると乾燥するようで、ベタつきもなくサラサラした触感に変わります。
今度は胴体部分、髪の毛部品にも同様に塗布→乾燥。
しばし放置後、わざとネクタイを胴体にこすり付けてみましたが全く色移りしなくなったので驚きました。
経年劣化の確認はできていません(ネット検索すると1年以上前から試されている方の経過レポートがあり、問題なさそうです)が、短期的視点からでも十分お勧めできます。

今回はAmazonのマーケットプレイスにて購入。大体65mlで2,000円から2,500くらいのようです。
ルネサンスワックス対比
こんな小さな缶入りなので割高に思えるかもしれませんが、ごく薄く塗布するだけで効果があるため一生かけても使い切らない可能性もあります。

 


完全乾燥とともに硬化してホワイトガソリン(ナフサ)などを使わないと除去できなくなるとのことですが、若干ツヤの感じが変わる以外見た目の影響もありませんので無理に剥がす局面はないかもしれません。

とにかく缶スプレーによるトップコートよりはるかに手軽(何せ塗りつけるだけで済むので汚れが飛び散らない)、木工用ボンドより安心確実ということでかなり便利ではないかと。オススメ。
関連記事
[ 2013/02/18 17:44 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

GFFM(ゴムの人)

Author:GFFM(ゴムの人)
GUNDAM FIX FIGURATIONのレビューサイトとかやってます。
現在Steins;Gate病罹患中。1/12サイズフィギュア用の小物をガレージキット化してイベントに参加したり。
Twitterの方が情報早いです)

ダイバージェンス
Amazonリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。